2008/4/30 水曜日

暑い日にはツルッとざるうどん!

昨日今日と、天気が良くとっても暑い香川県です。
最高気温は25度。
窓を開け放していてもじわっと暑さを感じます。

こんな日はのど越しのいい冷たいざるうどんが食べたくなります。
ざるうどん

そして香川県民の中でも好みが分かれるのが、うどんの太さです。
鍋焼きうどんや鍋料理の後のうどんには太目のうどんがいいと思うのですが、
冷たいうどんの時は細目が絶対食べやすいです!!

つる鶴では細切り半生讃岐うどんが、冷たいうどんやざるうどんにぴったり。
細切り半生讃岐うどん

ゴールデンウィークのお昼ごはんにも大活躍です。

2008/4/18 金曜日

うどんと麺つゆを運ぶロボット

香川県には全国の高専ロボットコンテストで有名な詫間電波高専があります。
この詫間電波高専が5月に開かれる「麺フェスタ」のために、
うどんと麺つゆを運ぶロボットを製作されました。

うどんと麺つゆを運ぶロボット

 うどん運搬ロボット(高さ・長さ各120センチ、幅60センチ)はアルミ製枠で組み立てられ、無線操縦で走行。
弓形のレールにぶら下げた荷台が斜面やカーブでも揺りかごのように動いて水平を保ち、だしをこぼさず運べる。
同高専が2006年、「全国高専ロボットコンテスト」で優勝した際に活躍したロボットを改良した。
めんつゆ運搬ロボットは自走式で、同市詫間町に伝説がある浦島太郎をデザイン。
亀にに乗った浦島太郎が手にした盆にめんつゆを載せると自動的に発進し、プログラムした場所に届ける。
こちらも加速や減速などの際、つゆをこぼさないよう動きを制御している。(山陽新聞)

ロボットに運ばれたうどん、食べてみたいです〜!!

2008/4/16 水曜日

讃岐名物「しょうゆ豆」ってご存知ですか?

今日は讃岐名物「しょうゆ豆」をご紹介します。

しょうゆ豆とは香川県に昔から伝わる常備食のひとつです。
讃岐のしょうゆ豆
作り方はとってもシンプル!
炒ったそら豆を醤油と砂糖のタレに漬け込んで作られます。

煮豆の柔らかい食感とは違って、少し歯ごたえがあり、
お酒のおつまみやあともう一品欲しい時などにとっても重宝するんです。
保存が効くので香川ではお土産などのギフトにも大活躍しています。

我が家でもいつも冷蔵庫に1袋は入っています。
小さい頃からあまりにも当たり前に食べてきていたので、
正直なところ全国で食べられている物だと思っていました(^^ゞ
そんな風にいつも食べているのに飽きるということはなく、
しばらく食べないでいると食べたくなってしまう、なくてはならないお惣菜です。

つる鶴でも讃岐うどんと一緒にしょうゆ豆をセットで販売しています。
さすがに讃岐名物同士、相性はバッチリです。
オークションにも出品していますので、良かったら一度召し上がってみませんか?

讃岐うどんまるごとセット
讃岐うどんまるごとセット

2008/4/9 水曜日

第14回 おもしろさぬき弁講座「じょんならん」

今日ご紹介するさぬき弁は「じょんならん」です。

これはどうしようもないとか、どうにもならない、手におえないという意味で使われます。

「あんたはほんまにじょんならんなぁ。」
こんなふうに人に対して使う時は立場が上の人からお説教されている場合が多いですね。
笑顔で言われた場合には「憎めないなぁ」という親しみを込めていることもあります。

後は状況が複雑すぎてお手上げな場合に使われます。
「これどうしよう?もうじょんならんわぁ。」

次のページ »